ドクター紹介

略歴

  • 1980年
    1985年
    1987年
    1988年
    1989年
    1990年

    1993年
    1995年
    1998年

    2004年
  • 慶應義塾大学医学部卒業
    米国ハーバード大学留学
    同学 角膜クリニカルフェローシップ卒業
    国立栃木病院眼科医長
    慶應義塾大学より医学博士授与、日本眼科学会専門医認定
    東京歯科大学眼科助教授、
    慶應義塾大学医学部眼科講師(2004年3月まで)
    旭川医科歯科大学眼科非常勤講師(2004年3月まで)
    ハーバード大学訪問教授
    東京歯科大学眼科教授(2004年3月まで)
    メルボルン大学訪問教授
    2004年慶應義塾大学医学部眼科教授
    東京歯科大学客員教授

1999年、医学界で最高権威のジャーナル「The New England Journal of Medicine」の巻頭論文に角膜上皮のステムセル移植術が掲載され、世界に先駆けて体細胞ステムセル移植による治療を成功させたことで注目を集めた。ドライアイ研究でも高く評価され、各国で講演・指導にあたるほか、レーシックではプロゴルファーやスポーツ選手、多くの著名人の手術を執刀している。眼科専門医による安全な近視治療の普及、アイバンクの発展や医療情報の開示にも勢力的に取り組んでいる。

「坪田先生はなぜメガネをかけているのですか?」とよく聞かれます。僕のメガネはドライアイ用の保護メガネです。僕の長男が20歳になったときには、レーシックをプレゼントしました。とても喜んでくれて、父としても医師としても大変うれしく思いました。レーシックや角膜移植などの視力治療のことを広く皆さんに知っていただけたらと思います。