老眼の治療方法

みなとみらいアイクリニックでは、多種多様な老眼治療を取り入れています。どの方法がご自分に適しているのか、たくさんありすぎてよくわからない、とよくご質問いただきますが、実際に目の状態を詳しく調べ、患者さまのライフスタイルをお伺いした上で、最適と思われる治療方法をご案内しています。

モノビジョンレーシック

片眼は遠く、もう片眼は近くが見やすいように、左右の視力に差をつけて仕上げるレーシックです。
初めのうちは左右の見え方の差に違和感を感じることがありますが、慣れると遠くも近くも自然に見えるようになります。

raindrop(レインドロップ)

透明で小さなレンズを角膜内に挿入し、 角膜の形状を変化させることで、近くを見やすくします。

アキュフォーカスリング

黒い小さなリングを角膜内に挿入します。ピンホール効果で近くが見やすくなります。

多焦点眼内レンズ

調節力が弱まった水晶体の代わりに、2重焦点がつくれる多焦点眼内レンズを挿入する手術です。遠くも近くもある程度眼鏡なしで見えるようになります。